【最良】3Dプリンターのプラットフォームおすすめ 3選

0 0
0 0
Read Time:50 Second

皆さんはどんなプラットフォームを愛用していますか?

結構いろいろあって何がいいのか迷いますよね・・・

エンジニア歴10年の自分が使用してきた3つのプラットフォームから一番お勧めなものを紹介します!

 

動画で確認したい方はコチラ↓↓

3Dプリンターのプラットフォームどれがいい? デフォルト, ガラス, PEI // Ender 3 Creality

 

プラットフォームの話です!

プラットフォームって言ったりベッドって言ったり

まぁ3Dプリンターで造形する台です。

 

いろんなメーカーからいろんな素材のプラットフォームが売られてますが

みなさん何をお使いですか?

 

自分の場合は、一般的に使われている3種類を使い分けてます。

デフォルトでEnder3についてきたペラペラのやつと

PEI製のやつと

ガラス製のやつです。

 

デフォルトのものは、マグネット対応で本体である3Dプリンターとくっつきます。

デフォルトでついてきただけあって

食いつきがすごくいい。

 

PEIも板金なので 3Dプリンターとくっつきます。

 

Ender3Proは最初からプラットフォームにマグネットがついているので

そのまま貼り付けてプリントできちゃいます!

 

Ender3お使いの方とかはクリップでつけて運用していると思うんですけど、

個人的にはマグネット式にしちゃった方がいいかな!って思います。

 

その方がベタッとつけるだけなので交換の手間がだいぶ違います。

オススメはマグネット式!

 

マグネット式にする方法については、別でSermoonでまとめたいと思います。

 

ではそれぞれの特徴とオススメを紹介していきます。

 

デフォルトプラットフォーム

これ自体がマグネット式に対応していて、

めちゃくちゃ定着がいい、いいかえると剥がしずらい!

このフィルム自体が剥がれちゃうんじゃないかってくらい、、

いい点でもあるんですが、モデルを剥がすのがめちゃくちゃ大変。

繰り返し使っているとフィラメントが残っちゃって跡になってしまいます。

表面のザラザラに入り込んでもう取れません。。。

 

今回紹介する中では一番定着がいいので、

とにかく定着がいいプラットフォームをお探しの方にはオススメです!

定着起因の造形失敗はほぼなくなります。

 

ガラス製プラットフォーム

厚みが5mmくらいあります。

オプションで購入する感じです。

特徴としては、造形したときにベッドが高温の時はしっかり定着して

温度が下がって40℃を下回ると自然とモデルがはがれやすくなってきます。

剥がすときにはポロっとほぼ力をかけずに剥がすことができます。

ガラスなので平面度も高い!

まっ平なところに印刷したい!底面が平らな部品を作りたい!

ってときにオススメです。

 

色が黒いので、SNS用とかでプリント中の撮影をするときにも

背景として優秀です!自分もレイヤラプスとかの際にも重宝してます。

 

PEIプラットフォーム

PEIはポリエーテルイミドです。

板金に樹脂のシートが貼ってあります。

 

まぁ、正直これが一番オススメです(笑)

 

定着力もなかなかいいです。

プラットフォームをしならせてモデルを簡単にはがすことができます。

しかも跡が残らない!

どの性能もバランスがいいプラットフォームです。

 

もう一つ特徴として、

ラフトなしで印刷できて、サポートもプラットフォームから直接たてることができます。

好き嫌い別れるんですが、プラットフォーム面がさらっさらで鏡面みたいになります。

自分は気に入っているポイント!

このシートは消耗品だけど、

毎日刷ってても半年に一回交換で大丈夫そう!

へたってきたら貼りなおしてあげてください。

 

自分がやってしまったミスなんですが、

ポリエーテルイミドのフィルムを単体購入してガラス製プラットフォームとかに

貼り付けて造形すると、モデルが剥がせなくなるので注意です!!

スクレーパー使っても全然とれなくて、怪我します。

しならせられる素材に貼って使いましょう!

 

純正品のほかにもサードパーティから安いのが出てます。

自分は両方使ってます。性能差は感じません。

 

一番お勧めですね。

 

プラットフォームの使い分け

絶対失敗したくない造形ではデフォルトのプラットフォームが一番いいですね。

定着力がダントツなので、モデルが途中でプラットフォームから剥がれちゃうっていう失敗は

ほぼ心配しなくていいくらいです。

3Dプリンターの失敗の大半が一層目の定着不具合なので、効果は絶大です。

こんな感じにソーメンになっちゃうっていうトラブルでお困りの方はこれを使うと治るかも!

難点はモデルが剥がれないだけ。。。

 

造形中の撮影をする場合は、ガラス製プラットフォームがおすすめです。

黒い背景でモデルが映えます。PEIは光が反射しちゃうので撮影には不向きです。

 

撮影とかがなくて、普通に造形する場合は、自分はこれが一番だと思います。

PEIプラットフォームを一番おすすめします。

定着もそこそこいいし、剥離性もバッチリ。フィラメント残りも少ない!

 

おすすめの記事↓↓

【簡単】すぐやるべき!Ender 3 & Pro 性能アップ改造 5選

Avatar photo

About Post Author

kakeru

エンジニア歴10年以上! モノづくりの楽しさをみんなに伝えたい! ねこべやの片隅から3Dモノづくりや猫DIY、お役立ち情報などを 週末の金~日にかけて動画投稿中
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %