【岩フィラメント】コスパ最強のROCK PLAの実力は? //OVERTURE

0 0
0 0
Read Time:1 Minute, 16 Second

どうも、かけるです。

今日はめっちゃカッコイイフィラメントの紹介です!

 

動画で確認したい方はコチラ↓↓

コスパ最強の岩? ではなく ROCK PLAの実力は? //OVERTURE + 3Dプリンター フィラメントの旅

 

前から気になっていたフィラメントなんですよね。

OVERTUREっていうメーカーの「ROCK PLA」っていうフィラメントです!

今回は、ROCK WHITEっていう色を購入してみました。

 

ROCK PLA っていう面白いフィラメントを紹介

自分はAmazonの方で購入しました。

珍しくて前から気になっててやっと購入してみました!

早速、中を見てもらおうかな!

紙と、フィラメントとステッカーが入ってますね。

あと、定規みたいなのが入ってました。

フィラメントがこういう感じになってるんですよね。

 

パッケージとかROCK PLAって名前からわかると思うんですけど

岩っぽいプリントができるPLAになってます。

袋ははさみで簡単に開けることができます。

開けるとこういう感じですね。

中心に、乾燥剤が小さいのが入っていて

あとは、スプールに巻かれたフィラメントが入ってるって感じですね。

見てもらうとわかるんですけど

色は、白というよりグレーっぽい白色ですね。

中にツブツブの粒子?が入ってるフィラメントで

これを刷るといい感じに

マットな質感の岩っぽい感じの

プリントができるっていうものになってます。

 

そんな説明してもしょうがないと思うので

早速刷って、みなさんにこういう珍しいフィラメントがあるんだよ

っていう感じで見てもらおうかなって思ってます。

パッケージにノズルの温度が190~220℃とか

ベッドが50~70℃とか、プリントスピードが30~70mm/sec

とかいろいろプリント設定が書いてあるので、

それも参考にさっそくプリントしていきましょう。

 

ROCK PLAの価格や安全性はどうなの?

プリントする前に

パパっと値段とかだけ説明しちゃおうかな!

 

これはAmazonで買ったんですけど

今2022/7現在、2,980円/1kgですね。

いろんなフィラメントを扱ってきた自分的に

1kgで3,000円くらいが値段的には標準かなっていう感覚です。

それから考えるとまあ標準かなって感じですね。

 

パパっと紹介できる安全性について紹介しちゃいます。

このメーカーさん、OVERTUREさんのサイトには

安全データシート、SDSっていうもの載ってないんですよね。

第三者機関で「変な物質が入ってないよ」っていうところを

検査した評価シートです。

ホームページには載ってないんですけど、

メールで問い合わせるともらうことができます!

ちゃんと安全性について問題ないよというところが

示されたフィラメントなので安心ですね。

というところなので、自分としても自信をもって

みなさんにオススメできます!

 

ちなみにこのメーカーのOVERTUREのフィラメント。

今回紹介するロックホワイト以外にも

マットブラックとかマットホワイトとか

マット系のフィラメントも出しているんです。

マット系のフィラメントも強いんですよね!

自分はいつもMODELA PLAを使っていてちょっとコスパ悪いな

って思っていて、マットブラックも今回一緒に購入したので

そちらのプリント品質次第でのりかえたい!

 

フィラメントの流動性や性能は? 糸引き・オバーバンクは?

じゃあ今回はこのロックホワイトの紹介やっていきましょう。

まずはフィラメントをノズルから出した時の様子が

こういう感じになっています。

かなり流動性はいいですね。

結構スルスル出てきてくれています。

特徴は、やっぱりツブツブっていうところですね。

黒いツブツブが溶けずにそのまま

粒子として出てきているっていうところが

特徴かなっていうところですね。

 

それと絶秒なグレーのマット感っていうところが

相まって岩っぽい感じが出せているんじゃないかなって思います。

じゃあ最初はベンチーですね。

ベンチーを印刷すれば、

プリント品質がどういう感じなのか、オーバーハングとか

だいたいのフィラメントのクオリティがわかります!

今回は0.18積層ピッチ、インフィルは15%で印刷しています。

印刷したてがこういう感じになっています。

ちょっと糸引きっぽいのが

見えるんですけど他のPLAも

これくらいなので全然気にならないって感じですね。

じゃあ次はちゃんと手にとって

いろいろ細かいところまで

チェックしていきたいかなっていう風に思います。

どうですかね?ちょっとだけ

表面がぽつぽつってなっている部分もあるんですけど、

そこまでひどいっていうわけではないですね。

FlashuforgeのMODELA PLAでもこんな感じなので

同じくらいって感じですね。

光沢感があんまりない分

かなり積層っていうところは

目立ちにくくなっているかなってところですね。

オーバーハングのところも

めっちゃきれいで底がちょっとだけ荒れてますけど

ここら辺は公式のFlashuforgeの

PLAよりもかなり性能がいいかなっていう印象がありますね。

上の方もこういう感じ。

きっちり形状の方ができているんじゃないかな!

 

岩のプリントをしっかり見ていこう!レイヤーラプス性能は?

じゃあ次は岩系のプリントを見てもらいましょうか。

この低い岩の方は普通に

フラッシュプリントでスライスして

刷ったものになっています。

で、背の高い岩と螺旋状の塔の方は

レイヤラプス」っていう一回ヘッドをモデルから退避させて

スイッチを押してシャッターを切るっていう

感じでやったものになっています。

かなり糸引きとか変なケバケバ、

垂れたものがまたモデルに取り込まれちゃったりしてますね。

汚くなりやすいプリントになってるんですけど

いかがですかね。結構かなりきれいに

出来てるんじゃないかなっていう風に思ってますね。

質があまりよくないPLAとかだと

かなり糸引きがでたりしちゃうんですけど、目立ってないですね。

ノズルから垂れたフィラメントがまたくっついてしまって

イソギンチャクみたいな変な形状がたくさんできてしまうこともあるんですけど

これはかなりきれいにプリントできています!

 

背の高い岩の方にちょろっとだけゴミみたいなのが

出てるんですけどそれ以外は

全く出ていないですね。

プリントの性能は

かなりいい方なんじゃないかなって思っています。

使いどころとしてはこういう岩とか

あとは石の橋とかですね。

ジオラマとか作る時に作るっていう形で使うのもいいんですけど

普通の部品としてもこのマットな質感で

ツブツブが入った見た目がかなり特殊で

特徴的ないい雰囲気があるのでそういう使い方も

すごくいいんじゃないかなっていう風に思ってます。

というところで今回はちょっと変わったフィラメントの

紹介って感じでした。

みなさんもこれ参考になったなって思っていただけたら

ぜひ購入して試していただけたらすごく嬉しいです。

 

ということでまた次回の動画でお会いしましょう。バイバーイ。

 

この記事を読んだ方にオススメの記事↓↓

【マット系】次世代おしゃれフィラメントのの決定版!PolyTerra PLA 3Dプリンター

 

【第二弾】80万 vs 6万円の3Dプリンター性能比較!テストモデルの出来は?

 

【徹底レビュー】最新&最強のフィラメントドライヤー FilaDryer S2

 

Avatar photo

About Post Author

kakeru

エンジニア歴10年以上! モノづくりの楽しさをみんなに伝えたい! ねこべやの片隅から3Dモノづくりや猫DIY、お役立ち情報などを 週末の金~日にかけて動画投稿中
Happy
Happy
100 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %