【たった40秒!】iPhoneでスキャンした部屋を3DプリントできるアプリPolycam

0 0
0 0
Read Time:37 Second

どうも、かけるです。

皆さん「Polycam」って知ってる?

部屋のスキャンアンドモデリングが爆速でできるスキャンアプリ!

動画で確認したい方はコチラ↓↓

実際の使い方

自分の家だとちょっと恥ずかしいので

旅行先で泊まったホテルをスキャンして3Dプリントしてみました。

今回使うのは「Polycam」っていう前からある3Dスキャン用のアプリ。

これにちょっと前に追加されたルームモード。

これを使うと部屋の壁やドアや家具とかも認識して

こんな感じで勝手に3Dモデル化してくれるっていう新機能です。

やばくね?

今回も歩き回りながら全体的にくるっとスキャンしていったんですが意外とずれない。

ちゃんといい感じに家具類までちゃんとモデリングしてくれる。

今回はiPhone12Proを使ってスキャン してます。

これってカメラとライダー併用してやってるのかな?

本当にねすごい綺麗。

スキャンデータ

スキャンされたモデルがこんな感じ。

40秒でこんなのできちゃうとかすごすぎる!

ルーラー」っていう機能を使うと測定までできちゃう!

引っ越しの時とか、新しい物件の内見に行ったときに

バーッと測ってきちゃえば家具のレイアウト検討とかにも使えそう。

家具もこんな感じで消したり出したりすることができる!

これもすごいよね。

出力ファイル

無料版でも2種類だけですが、出力ができる。

ビデオモード」では、ぐるっとしたビデオを自動で作ってくれる。

あとはね 「gltf」っていう3Dデータの出力ができる

これはブレンダーとかで取り込むことができるので

今回は、ブレンダーで取り込んでSTLファイルで保存して

スライサーの方に3Dデータを移行してきました。

スキャンデータから3Dプリント

じゃあ印刷していく!

印刷中はこんな感じ。

Ender5 S1っていう爆速のプリンターであんまり速度上げずに6時間

失敗したくなかったからちょっとひよった。

で完成したものがコチラ。

これやばい。40秒でスキャンしたモデルでこのクオリティはすごい。

家具とかのデータはもともとソフトの方で入っていて

縮尺とか変えて配置するっていう感じでやってそう。

ソファーはこんな感じ。

自分の部屋とか、引っ越し先の部屋をパーッとスキャンして

ネットから色んな家具をダウンロードしてきてレイアウト検討とか素敵そう!

模様替えにも自分は使っていこうかなと思います。

洗面台とか棚とかもちゃんと再現されている。

ベッドのところに布団がなくなっちゃってるけど

スキャンデータの方にはちゃんとあった。

ちょっと今回使ったスライサーとの相性が良くなかったかな。。

結構無料で楽しめるので、

ライダーが積んであるスマートフォンをお持ちの方は

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

じゃあまたー

Polycam

この記事を読んだ方におすすめの記事↓↓

【徹底検証】最新3DスキャナーCR Scan lizardの実力は??

【必見】使いやすい2次硬化機、SK本舗の二次硬化機DIYキット

スマホ 3Dスキャン対決 結局どれが最強? カメラ vs FaceID vs LiDER

【検証】塗ってはがせるラバー塗装AZ ZEQUE 3Dプリント品にも使えるか?

Avatar photo

About Post Author

kakeru

エンジニア歴10年以上! モノづくりの楽しさをみんなに伝えたい! ねこべやの片隅から3Dモノづくりや猫DIY、お役立ち情報などを 週末の金~日にかけて動画投稿中
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %